FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

魅惑の交研 証言集

先日の説明会では、校長先生も「新入生獲得に最も寄与している部活」として、交通研究部を紹介されていました。

以前の交研の記事へ寄せられたコメントや、新しい情報を紹介させていただきます。
私の知らない世界をどうぞ。

  前編はこちら→魅惑の交研 その1

証言No.1
「‘聖光の交研が一番レベルが高い’と志望された人を知っています。ジオラマではなく、壁の研究発表がポイントだったようです」

素人はジオラマや駅弁にしか目が行かないものですが、壁面にこそ玄人も納得の世界が広がっていたんですね。
自分と同じ「ツボ」を発見すると、呼ばれている感が一気に高まります。


証言No.2
「私がチェックした交研の方はみなさん爽やかでした」

確かに交研くんたちはとても嬉しそうで優しい印象ですし、駅長帽&白グローブには紳士度アップ効果も
毎年、駅長(駅員?)さんの張り切る背中には、キャプテンやコンサートマスターに匹敵する責任感が溢れているようです。

でもまぁ、交研くんが爽やかなら数研くんも合格点かと・・・


証言No.3
「聖光では朝の8:10と昼休みの13:15に駅メロが流れている!」

この「花のことば」という曲は、過去に日野駅・北浦和駅の、現在は兵庫県の北条鉄道の発車予告メロディとして使用されているそうで、入試の時にこの曲を聞いてやる気が出た子がいるそうです

→ 北条町駅 発車予告メロディ

後半の方は私も聞き覚えがあります。(ラムネホールでした)
思いがけず入試の時に聞けたら、最高の応援ソングになりますね♫

恐らく鉄分濃い目の先生の選曲だろうとのことです。


証言No.4
高身長を惜しまれつつ初心を貫いた子も。

「僕が好きなのはバスケではなくバスです!」

あっぱれ


後輩のために情報提供をありがとうございました


おまけ
先日のアガペ会巡礼の帰り道。
「なんか湘南モノレールの制服と夏服って似てる気がするんだけど」
「胸ポケだよ、胸ポケ」

eki.png

natu2.png

体育祭③来年こそは!

「来年の俺らの応援団長決まった!
オカピにしては珍しく、弾んだ声で報告がありました。

高2から6クラスになる関係で、高2の体育祭も高1のクラス、高1の色のままで戦うのが聖光です。
興奮が冷めないうちに、1年も前から次の団長は決まっていたんですね
全然知りませんでした。


オカピは今年準優勝
棒倒しだけは緑組が勝利しました。


b1.jpg

こんなにリードされてからの~

b2.jpg

逆転守り勝ち

何が何だかわかりませんよね


高1緑組。
夏風邪のオカピは出遅れましたが、優勝への意気込みはかなり高いクラスだったようです。

とはいえ、どんなに高1が燃えても、今年の主役は高2さん。
惜しくも(?)準優勝に終わったことで、「俺らの代こそは!」魂に火が点きました。

でも、前年優勝メンバーが、もう一度リーダーとして戦えるシステムでは、勢いも戦法もそのまま受け継がれてしまいそう。
やはりこのところは青組が優勢で、今年は断トツでした。

「来年も青が強いんじゃないの?」
「いや、来年の青はそんな強くないらしい」
「なんで?」
「俺らのクラスの方が体格がいい!」
「そこかい!」
「なんかうちのクラス盛り上がってるんだよなー。全員応援団とか言ってるし・・・」

まさかのリレーアンカーに続き、応援団なんて夢も見させてもらえるのかしら?

いい波に乗せてもらっているようです

帰国説明会の最後の言葉

土曜の入試説明会は、一般生の1時間前に、帰国生向けの説明会もありました。

去年のゆったりとした雰囲気が一変!今年は席が足りないと

いきなりの大盛況ぶりに動揺してしまいましたが、今年は中教室。
いつもの小講堂よりは狭かったから・・・って誰か言って


4年前は妹に代わりに聞きに行ってもらい、去年はカテキョーSッチとオカピの再会。

  去年編→「エピローグ」

これまでの説明会を思い出しつつ、現実的な話に緊張も高めつつ聞いていると、最後に広報の方から結びのお言葉がありました。

中学受験を経験した先輩母、男の子を育てた先輩母として、

「こんなに頑張っている子が持てて幸せ。
こんなに恵まれた環境を与えられて感謝」

こんな思いを持って最後まで頑張ってくれたら、とのことでした


男子校の説明会で、母目線のエールを送ってもらえるのは珍しいと思いますが、心強いことに、男性の先生ばかりの聖光では、この方が「母たちの保健室」的な存在としていつも寄り添ってくださいます。
その方の言葉が、いつも私が弟君に対して思っていること、掛けている言葉そのものだったので、驚きつつも嬉しい瞬間となりました。「私もやっと染まれたのかな」と・・・


兄の時は自分本位な、排他的な受験生活でしたが、今は無意識に、あるいは意識的に「感謝」を持って受験生を尊重していられるのだとしたら、それは、聖光での出会いだったり、オカピの変化だったり、アガペ会だったり・・・母としても、学校を通して日々感じてきた気づき、学びの成果なのだろうと思います。

母の祈り 「子どもと一緒に成長させてください」

祈り1


このブログも、ともすれば、母親が男子校について語るという点で、不愉快や自慢に感じられる方が多いかも知れません。
でも、「それも感謝あってこそ」と感じ取ってくれる方がいて、息抜きや励みにしてくれる方がいて、子どもたちを支えるエネルギーの一部にでもなれたなら幸いです。


今朝も出掛けの弟君は、
「ハイキュー(23巻発売日)買っといて!
『とめはね』(書道マンガ)も続き借りといて!」

「こんなに大らかな子を持てて幸せ」

一年で一番ワイルドに見える時

衣替え。
いつもなら冬服になった日は、息子がグンと引き締まったような、男前になったような、幸せな錯覚に陥れる母バカですが、どうも昨日は違いました。

清潔感、無臭がウリの息子・・・顔中の皮が剥けてカスカス
食べカス、耳アカにも見えるカスを薄ーくまとっている上に、このカスが冬服の黒い肩の上に落ちていたら・・・


さらにオカピは「上着、これで合ってる?」

違和感はそれだ!

冬服と合服があるブレザー、冬服はサイズアップしましたが、合服は保留中。
足りない袖もさることながら、短くなった丈もかなりの違和感を醸し出していました。


弟君も着ることになれば、来年買おう。
その前にバザーもあるんだった。

でも、大き目にすると、どうもシルエットが新入生風に逆戻りしてしまってイマイチ。
細身の多い聖光生には、A体よりもう少しスリムな型もあってくれたらと思います。



さて、昨日は学校説明会でして、帰国説明会が終わってホールに案内される頃には、すでに弦オケの演奏が始まっていました。

小田さんのコンサート以来の2階席。
その時の席に近く、スポットライトの眩しさと聖光トークと歌声がよみがえってきました

さらに、いつもとは違う角度から見る弦オケにもウキウキ

・・・でも何か違う。ここにも違和感。

♫小麦色の弦楽オーケストラ♫

お初でした。


昨日見学された方の目には、いつもより逞しさ2割増、か弱さ2割減くらいの印象で、聖光生が映っていたかと思います。

カスカス君がいても、体育祭で頑張った勲章なので、どうぞ見逃してあげてください。

体育祭②食堂デビュー

4年目にして初めて、今年は父ヘロシも体育祭を観戦

聖光祭なら母同士で回る方が趣味(バザー?休憩?)が合っていいですが、体育祭はフィールド派の私。できるだけ近くで空気を感じたいので、父親主導で日焼けも辞さないルートの方が性には合っていました。

ツボ=応援団が中学生に掛ける声

毎年、最初は母たちと屋根の下にいても、途中からは単独行動で入場門付近に吸い寄せられています。

けれど、今年は入退場が反対側になってしまいまして
入場直前の激励や緊張感、戦い直後の表情や感想を分けてもらうことができなくなってしまっていました




ところで、体育祭だけでなく、ヘロシは食堂も初体験だと言い出したのは意外。
妙にウキウキ、「じゃぁ俺はランチにしてみよっかな♫」
私はつい「ランチは生徒に譲るべき」「待たない」との習慣から、馴染みのカレーボタンを押してしまいました。

この日のランチはバンバンジー。
「社食よりおいしい・・・社食ではあり得ない味わい深さだ・・・」としみじみ味わうヘロシはなんだか不憫。一応社食は「サラメシ」にも出たことがあると言っていましたが・・・


オカピの定番「バーガー2つ」にも「これならね」と納得。
選ぶのも楽しそうな3種類、30個くらいはまだカウンターに並んでいました。
でも「タンドリー」味はうちの子には通じません


調子に乗ってソフトクリームまで食べようと言い出したヘロシ。
「なに?!自分でやんの?できんの?大丈夫なの?」
「覚悟しとかないと結構早いよ」
セルフです。

どうやら付き合って欲しいものの、慣れ過ぎた嫁に‘袖にされ’(←オカピの年の語句問題)
食堂のお姉さんにご面倒をお掛けしていました。


ちょうど空いた時間帯だったからか、他にもチャレンジャーがちらほら。

「初心者にしてはうまい」と嫁に褒められ、他の人の出来をいちいち振り返るヘロシ。
「あの人たちカップに入れてるぞ」
「いいじゃん、おじいちゃんおばあちゃんなんだから」
いいわぁ~ファミリー

このマシーンに男子が飛びつかないはずがありません。
「これで聖光行きたいって子供が頑張ってくれたら楽だよね~」
「うちのはバーガーで釣るか」

すでにソフトでは釣れない弟君はゴマ味推し。ツウのセレクトなのでした。


ここまででお気づきの方・・・この日もやっぱりチキンリッチでした。
カレーもチキンカレーです。



真っ赤に焼けた帰り道。
「有給取ってゴルフ行ってたと思われたらまずいな。」
運動会とは言ってきたものの、すでに平日ということで疑われているそうです。

体育祭①リレーデビュー

突如「リレーに出ることになった」と言い出したオカピ。
何ごとかと思ったら「クラブ対抗」

あ、そっちね・・・ならあり得るか・・・

てっきり楽器を吹きながら走るパターンかと思いきや「数研」、しかも「アンカー」
聞けば「出てみない?」と切り出したのは自分で、言い出しっぺの責任を取ってアンカーになったとのことでした。

もう意外過ぎ飛躍し過ぎ
数研はそんなことまで言える仲なんだと思うと、嬉し過ぎて鼻血が出そうでした。

それで前々日にダイソーに寄ってはみたものの、慣れないパーティーグッズには踏み込めず、悔やみだしたのが前日の夜。
「俺は今、昨日アフロのかつらをを買ってこなかったことを猛烈に後悔している」

すでに閉店後でした

とりあえず顧問の先生(天パー=アフロ?)の似顔絵の旗をバトンにすることにはなり、突っ張り棒は用意。でも、もう一ネタ欲しいそうで・・・


そこで燃え出すのが弟♂♂
聖光でお楽しみがあると受験生の方が楽しんじゃうという悪循環?好循環?

10時過ぎ。弟の運動会のハッピに装飾を始めるアンカー+受験生でした

securedownload (3)

あとは、背中に背負う用の黒板もどき(緑のカッティングボード)と、小道具を持って出陣!


家訓「中途半端に恥ずかしがる方が恥ずかしい」

果たして堅物息子は地味な自分の殻を破れるのか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

注目の本番、センター観覧席で生まれ変わった息子を待つ母。
けれど、アンカーの肩に、付け焼刃のハッピはありませんでした。

でも、ハッピ以上にフィールドには不似合いな出で立ちで現れたアンカー、
シンプルながら、青白さ、数オタ感を漂わせるには十分な効果がありました。

マスクとハチマキをして人工芝の上に立つ息子・・・


コスチュームから「何部?」と想像するのも楽しいクラブ対抗。
あえて黙っているうちに、周囲では口々に「数研だって~」「数研」「数研」と、納得の伝言ゲームが・・・


そして、運動会では日陰の身歴10年のオカピ、リレー選手・アンカーも初めてなら、誰かを追い抜いたのも最初で最後?!
見るからに病弱そうな色白マスクマンがコンピューター部(先生)に迫ると、「意外と速くない?」の空気に。
しかも、バトンは顧問の先生の似顔絵入りの大きな黒板

母が必死で笑いをこらえる中、どこかのマダムが「数研くーん、頑張れ~

いよいよ第4コーナー。
「先生を1位でゴールさせる」というシナリオを思わず破ってしまったというオカピ、一番おいしいタイミングで先生を捉えそのままゴール!!・・・ですぐに倒れ込んだのも演出かい?!(注:最下位争いです)

「マスクもきつかったけど、黒板の空気抵抗もハンパなかったわ」


数々の温かいご声援をありがとうございました
母は夢中でしたが、しっかりと動画に残っておりました


もうすぐ11時なりますが、まだオカピは起きてきません。

弟分

最近3年生の相談に乗ることが多いです。
新4年生の準備講座がスタートしています。

「ブログ読みながら聖光への妄想を膨らませているよ~」
なんて聞くと、ついつい「近所のおばちゃん」魂で手伝ってあげたくなってしまいますが、今はそんな場合ではない(はず)ですし、「ごめん、引っ越すんだよ」

でも、親子ではうまくいかないことも、第三者を挟むとうまくいくんですよね。
だからこその塾なのですが、その塾をより活かすため、より楽に渡っていくために、「近所の四谷経験者の暇そうなおばちゃん」がいてくれたらどれだけ助けになるか・・・

弟君の時も、リトル前には近所の幼なじみを呼んで、一緒に国語の宿題を「おせっかいに」「丁寧に」「おまけつきで」解かせてから行かせていました。代わりにお迎えはそちらにお願いしたり・・・「近くにいると得する人」をモットーにやっております。


みんなかわいいんだぁ~~
ぜひ3代目もプロディ―スしてみたいでも引っ越しちゃう。


せめて「塾は言ったもん勝ち」「わざわざ察してなんてくれない」とは伝えたいところ。

こんなこと言ったら申し訳ない、恥ずかしい・・・と遠慮している間に、初心者のままで一度切りの受験は終わってしまいます。
私も弟君の時は、初心者さんに校舎のキャパを譲るつもりで全然寄り付いていません。

「なんなら福耳さんの甥って言っちゃって」
これで相当な入れ知恵をされているとは思ってもらえるでしょう。

ムム、今日の面談が人のお子の相談で終わらないようにしなければ


弟君は「あー、先生かわいそ。福耳さんとの面談」

「三者面談にしてもいいのよん」←振替休日

瞬間移動

運動会。
理想の大将騎馬の一端を担うことはできましたが・・・不戦勝。
1回戦(乱戦)→見えなかった
2回戦(一騎打ち)→出番なし
3回戦(大将戦???5分間大将が生き残れば勝ち)→守られて終わり

「あんなの乗せてただけじゃん」
今年も数メートル動いたかどうか・・・
「作戦勝ちです

6年生ということで、知っている子も増え、みんなの活躍を楽しめた運動会でした。
でも、子供が1人だと6時間で3種目・・・お弁当も別々ですし、空き時間は帰宅して、靴を洗ったり生協の注文をしたりと、淡々と片づけをしていました。

競技以外にも係で走り回っていた6年生。
真っ赤な鼻からも消耗しているのは伝わってきましたが、「横浜行けるよね」と鬼母。
もっともっと活躍した女の子を引き合いに出した鬼母でした。

本人も重要性は分かっています。
5分遅れで算数の授業に滑り込みました。

思い出すのが4年前、サピックスオープン→合不合、聖光模試→(早稲アカ)栄光模試の瞬間移動
駅で立ち食いそばをすすったり、吉牛に駆け込んだり・・・
あの時は父親不在・下の子連れだったことを思うと、今回親側は軽いというか、何とでもなる感じです。


スポーツの秋。
まだまだ体力系の行事は残っております


ところで、後期3週目。
先週は祝日もあって助かったはずでしたが、今朝になって今日の授業の宿題が終わっていないことが発覚・・・という以前に、まだ週テストは一度も受けていないし、通常運転の流れも確立できていません。

週テスト問題集なんて開いたっけ?
張り切って2年分も買って損したわ。

それでも理社なんて「もう飽きた」発言。
繰り返し繰り返しで、
「自信あるところは少ないけど、自信のないところはなくなった」そうです。

頼もしいような、甘すぎるような・・・
今も後ろで「いかにフリーハンドで完璧な図を書くか」に走っている職人です


明日はやっと面談。
そういえば、以前校舎長には、うちが面談するとしたら、「弟君が慢心しだした時」だと言われていました。

授業中もジャケット着用です

オカピはやっと行けたのに、運動会は延期になりました
そして通常授業。

週テストは諦めていたものの、聖光コースまでアウトとは

・・・でもアウトにはさせません。どちらにも遅刻して行ってもらおうと思います。

幸い、聖光コースは最後の授業が算数。
激ムズ過去問をどうあしらうのか、どう挑むのか、先生のご指導を仰がない手はありません。
連れて行きさえすれば、眠くなることはなさそうです。


さて、いまさら後出ししました。

「聖光って授業中もジャケット着用なんだよ」
「マジか・・・」と弟君。

確かに紳士たれの学校ですが、Tシャツ登校の小学生にとっては、電車通学並みの荒療治かも知れません。
これで「うちの子には無理」と判断された方もいました。

「ま、オカピでも大丈夫だったんだからさ」
「だね!」前向き前向き!

兄にお洒落面で負けることはないと確信している弟。
毎朝髪型も気にしていますし、フードが背中に入り込んでいるなんてことも絶対にありません。

ネクタイについては、面倒くささよりも、シルバーがかっこいいと思っているようです。


そろそろ衣替え。また中1君の襟元は崩壊するのかな?
冬服になりたては、息子の男っぷりも上がった気がします。気が・・・

シルバーウィーク(*_*)

今週はドルチェのお食事会もキャンセルアガペ会も欠席
オカピ、欠席3日目です。

熱は下がりましたが、喉がかなり痛いらしく、夕べは咳で背中まで痛いと。
内科よりも耳鼻咽喉科だったのかな~とモヤモヤ見守っているところです。


オカピはヴィックスヴェポラップで意外と楽になったそう。
わが家では、喉が怪しい夜にはマスクに薄く塗って寝ていますが、この冬は毎晩ですね。
つくづく予防に尽きると、軟禁生活で実感しています。


さて、出掛けられないと用事が片付くのが常ですが、まずは弟君の秋物を出して、写真館の予約も済ませました。

今となっては、男子は特に普通の証明写真でいい気もしますが、兄の合格という験担ぎもありますし、こちらで撮ってもらった写真が、オカピ史上最高にお利口そうなお坊ちゃま風なのです。
今でもお守りとして、受験票は弟君のデスクマットに挟んでありますが、見る度に惚れ惚れとてもいい記念になりました。

受験票

・・・なんてブログを書いている途中に、県内の友達からライン。
「隣りの小学校10人以上休んでA型出たって。オカピ君もインフルだったんじゃない?」

今年早くなーーーい?!
写真の前に注射の予約でしたか


とりあえず弟君は元気。
「本当はつらいけど心配掛けまいと必死で平気そうにしてる健気な子かも知れないよ~」だって。はいはい。

プロフィール

福耳じゅるんこ

Author:福耳じゅるんこ
福耳じゅるんこ・・・ゴリラ?イノシシ系妄想母。

福耳オカピ・・・草食珍獣長男。高1になりました。

福耳ウータン・・・オラウータン系オトナ次男、ついに受験生。

福耳ヘロシ・・・2人目は出番なし。まぁデキダン。

幼稚園では落ちこぼれ。「発達にでこぼこのあるタイプ」のオカピを優しく導いてくれたのが四谷リトルでした。
いよいよ本格お受験スタート!となった矢先に遠くフランスへ飛ばされてしまったファミリーです。

<追記> 帰国枠残念、一般受験リベンジを経て熱望校に通学中です。お受験編は完結しましたが、中学・高校生活のことも少しずつ書き足していこうと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

ランキングに参加しております

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
153位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR