FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

おススメ♫ 男塾とは・・・

テンピンショーハ?!ではありません。

「弟こうしてみます」の回に書いた金曜の男塾。
近所の子たちとの寺子屋の様なものです。
わが家で私が先生役をやっています。

ブログには書く機会がありませんでしたが、オカピの時も、2年生~辞令が出るまでは、幼稚園のお友達とコタツ寺子屋をやっていました。
これは、私の「オカピに友達との関わりを増やしてあげたい」という思いと、「塾に入れるまでもないけどチャレンジだけじゃ心配」という友人との思いが合致して始まったもので、すでにリトルに行っていたオカピにとっては、学習効果よりも、クラスの女子からの生情報というメリットの方が大きかったです。

この時に使っていた部首かるたや漢字カード等が残っていたので、2学期からはウータン+幼なじみ5人でかるた会をスタート。女子がいると気を遣うので、男限定の男塾♂♂
どうせわざわざ集めなくても、放課後はいつもつるんでいるメンバーなので、週1は私が骨を折ることにしました。お受験中にウータンを預かってもらっていた人たちへの恩返しの気持ちもありましたし。

いろはがるたも坊主めくりも、なかなか家で1対1ではやってあげられませんが、6人なら楽しい!
なぜか漢字を書かされたりもしているけれど、ゲーム大会みたい!
・・・そんなノリで1時間半。学校帰りにうちに寄ってもらっています。

1問正解&1枚獲得=1ポイント。100ポイントで賞品と交換。
賞品と言っても、ねり消しとか、入浴剤とか、7色に光るライトとか…100均グッズがほとんどなのですが、どれも「親は買ってくれない(くだらない)物」だけに、男子ツボはくすぐられるようです。
さすがに漢字はリトルに行っている2人が強く、腐りかける子もいますが、最後には一発逆転の坊主めくりがあるので、誰にでも荒稼ぎのチャンスがあります。

これも、3・4年生という今だからできるんだと思います。
もっと小さければ親1人では面倒見切れないですし、もっと大きくなると、100均なんかに釣られて燃えてはくれないですから。

それに、3年生って、結構高度なこともできるようになっています。

いろはがるたも慣れてきたら、
「いぬも歩けば…」と読んで「い」の札を探させるのではなく、
「棒に当たる」だけ読んで、上の句?を思い起こさないと取れないようにしています。

都道府県かるたも、
「コシヒカリ 日本一の米どころ 新潟県」
のように、県の特徴が分かる読み札&県の形と県庁所在地の載った取り札で、とてもよくできているのですが、さらに活かしていきますよ。取った子には、取り札の裏の説明を読ませます。
すると、
「日本一長い信濃川と、福島県から流れ出た阿賀野川が、越後平野を形成している。越後平野は日本を代表する稲作地帯であり、コシヒカリが作られている。」
と、中学受験には十分な知識が載っている上に、3・4年生にとっては、ちょうどいいレベルの音読の練習になります。

四字熟語かるたも、
「人の好みや考えはみんなそれぞれ 十人十色」
というように、先に意味が来ているので、状況が想像できないと早く取れません。
これも取り札の裏に解説があるのですが、今はまだ難しいので、「じゅうにんといろ!」と全員で唱えさせはしています。

ところがこの間はバカ殿の放送直後だったので、なぜか壇蜜風…
ちょと・・・つっもぉ・・・し・・ん・・・」とくねり出す男子たち。
壇蜜を知らなかったであろう子にもみるみる伝染していって、男子の「バカが移る」現象を目の当たりにしました。なんとアホやらかわいいやら…

都道府県かるた、四字熟語かるた、どちらも100均です。
でも、たかが100均、されどかるたで、子供たちは吸収が早く、会話の中で「問答無用!」「灯台下暗しだぜ」等と使うようになってきました。もちろん壇蜜語も


オカピの時は、月謝を少しいただいていた分、宿題を用意したり、進行を考えたりで大変でしたが、今回は単なるお預かりなので、何の事前準備も要らず、私にとっても楽しいだけのひと時です。お陰で別の曜日のウータンの預け先にも困りませんし、突然「段ボールつぶして」とか「朝顔の種全部取って」とか、お手伝いに使うのもあり。こういう時も、仲間同士で工夫したり分担したりする姿に感心させられることが多く、ただ集まってDSをやっているだけよりは、ずっと得るものが大きい時間だと確信しています。

だからウータンは、このメンバーで地元の中学へ行くのもいいのよね~

今日は1月から使えそうな『重要語句クロスワード』という本も買って来てみました。チーム戦で日本地図パズルの完成タイムを競ったり、たまに親子大会をやったり…(クリスマス会では母遅刻でオカピと組んだ子が優勝)やってみたいこともいろいろ。
受験に関しては、あまり有効なノウハウをご紹介できなかったこのブログですが、この男塾は、元手もテクニックも要らず、子供も大喜びなので、自信を持って中学年さんにおススメできるのですます。受験するしないにかかわらず。

将来君たちが一緒に飲んでくれたら、おばちゃんそれだけで幸せ

・・・とはいえ、預かる側、預ける側の信頼関係がないと難しいですよね。
私も、親の挨拶もなしに上がり込んでくるような子には冷たいです。オカピの時には、物がなくなったりもしましたから

余談ですが、オカピ時代の教え子女子3人、揃いも揃ってそれぞれの中学で最強女子の座に君臨しているようです…
そういえば、オカピの寺子屋には「女子にバカにされないように(スケバン母が目を光らす)」という大事な目的もあったのでした。

追記
上のクロスワードの本をチラ見していたウータン。
「おしべの先にあるやくという袋の中につまっているもの」→「愛」だそうです


スポンサーサイト



Secret

プロフィール

福耳じゅるんこ

Author:福耳じゅるんこ
福耳じゅるんこ・・・ゴリラ?イノシシ系妄想母。

福耳オカピ・・・草食珍獣長男。高1になりました。

福耳ウータン・・・オラウータン系オトナ次男、ついに受験生。

福耳ヘロシ・・・2人目は出番なし。まぁデキダン。

幼稚園では落ちこぼれ。「発達にでこぼこのあるタイプ」のオカピを優しく導いてくれたのが四谷リトルでした。
いよいよ本格お受験スタート!となった矢先に遠くフランスへ飛ばされてしまったファミリーです。

<追記> 帰国枠残念、一般受験リベンジを経て熱望校に通学中です。お受験編は完結しましたが、中学・高校生活のことも少しずつ書き足していこうと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

ランキングに参加しております

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
126位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR