FC2ブログ
   
12
14
20
29
   

2月3日 浅野の朝

2013年2月3日
浅野の受験者はざっと2000人。
新子安駅から学校までは大行列で、その順路、30mおきに立ってくれている浅野生が「おはようございます」「おはようございます」…
ここでもまた男子のピュアさが感じられて、おばちゃんきゅぅーーーんじぃーーーん

浅野のアプローチの坂でも、四谷の先生たちは一番てっぺん、ベストポジションにいてくれました
昨日の聖光よりも大所帯!その最後の最後が大船&横浜校舎の先生方でした。
握手ロードが終わっていざと思ったら、大船のムッシュー社会が「一発かましちゃって~」と飛びついてきてくれたので、オカピは照れてリラックスしたまま校舎に入って行けました。

送りの任務、全て完了…であってくれないと
ここから30分はその場にいたかな?応援隊の反対側から、しばらくは送る先生と送られる生徒の様子を眺めていました。何度か国語兄貴と目が合ったような気がしましたが、ずーっとずーーーーーっと…

四谷バッグの子が来ると旗振ってアピールして握手握手握手の先生たち。
国語兄貴は子供目線までかがんで、熱い言葉を掛けている感じ。
マッチョ大明神はおどけてホッとさせる感じ。
理科女神は満面の笑みで安心させてくれる感じ。
ムッシュー社会は教え子が来ると柵の外まで飛び出してきてボディタッチして勢いづけて…と、
それぞれの先生の役割やキャラクター、愛情表現が遠目でもよくわかります。
送り出された瞬間の子供の笑顔も!

なーんかいいなー。
先生たちも真っ直ぐな瞳に最後の力を込めるなんて、たまらないんだろうなー。
これが今日で最後かと思うとさみしい。後ずさりのオカピだって、この3日間で「わが四谷」の青い旗と「ラストパワー注入」を自ら求めていくようになったもの。この儀式は帰国だけでは味わえなかった宝物の1つです。

酔わせてください、もう少し…
登ってくる子がいなくなるまで、私はうるうると惜しみながら儀式を眺めていました。
だって、これが終わっちゃったらいよいよ発表だし


出陣の列が終わる頃なんて、控え室は当然いっぱいで、私は弾き出されたようにヘロヘロふらふら…もう死に場所を求めてさまよう人みたいだったと思います。

そんな時に会っちまったんだよーーー
「うちは兄ちゃんの時に全落ち経験したから何があっても平気平気

のーーーーーーーーーーーん
…そんな話、今求めてないから~~~

3年以上も会わなかった人に、なにもこの極限状態で出くわさなくても
スポンサーサイト



プロフィール

福耳じゅるんこ

Author:福耳じゅるんこ
福耳じゅるんこ・・・ゴリラ?イノシシ系妄想母。

福耳オカピ・・・草食珍獣長男。高1になりました。

福耳ウータン・・・オラウータン系オトナ次男、ついに受験生。

福耳ヘロシ・・・2人目は出番なし。まぁデキダン。

幼稚園では落ちこぼれ。「発達にでこぼこのあるタイプ」のオカピを優しく導いてくれたのが四谷リトルでした。
いよいよ本格お受験スタート!となった矢先に遠くフランスへ飛ばされてしまったファミリーです。

<追記> 帰国枠残念、一般受験リベンジを経て熱望校に通学中です。お受験編は完結しましたが、中学・高校生活のことも少しずつ書き足していこうと思います。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

フリーエリア

ランキングに参加しております

カテゴリ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
822位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
受験
126位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR